最近読んだマンガの中でも特にお勧めなのはこの1冊

「リバーズ・エッジ」は、1994年の6月に岡崎京子によって宝島社から単行本化された青春コミックになっております。

ストーリーの舞台に設定されている1990年代前半の独特なムードと、日本全国どこにでもあるような地方都市の街並みが映し出されていきます。

淀んだ川が流れていく河口近くの地上げされたままの土地の殺伐とした景色と、全ての植物が枯れ果てていく中でセイタカアワダチソウだけが生い茂る異常な生命力が味わい深かったです。

ヒロイン若草ハルカの、恋人観音崎と一緒にいながらも何処か満たされることのない虚無感に溢れる表情が印象的でした。

美しくも何処か儚いイメージが漂っている山田一郎に、ふとしたきっかけによって惹かれていく瞬間が上手く映し出されていました。

河原に打ち捨てられた身元不明の死体をたったひとつの心の拠り所とする、山田の寄る辺のなさが伝わってきました。

著者のもうひとつの代表作とも言える「ヘルタースケルター」にも登場する吉川こずえが、本作品の中でゲスト出演しているなど遊び心も良かったです。

死体のありかを知り密かに山田と共有する、こずえの陰りを帯びた眼差しが魅惑的でした。

山田がハルナとこずえに泣きついて秘密の死体を地中深くに埋めるシーンには、美しい皮膚の下に隠されている残酷な現実についても考えさせられました。

いじめや初体験を始めとするセンセーショナルな出来事でも、さらりとしたタッチで絵描き出しているのが良かったです。

10代の少年少女たちに特有な残酷さが、時には社会的な弱者や小さな生き物に向けられてしまうことを考えさせられました。

在り来たりな日常生活と気だるい退屈しのぎが積み重なっていき、やがてはひとつの悲劇へと収斂していくクライマックスが圧巻でした。

お互いを傷つけ合った後にそれぞれの道のりを歩んでいき、2度と巡り会うことのない若者たちの姿が心に残りました。

今まさに青春時代を謳歌している若い人たちだけではなく、幅広い世代の方に手に取って頂きたい1冊になります。

シルバニアファミリーを頂いたのにすぐに飽きてしまいました。

2歳と4歳の娘に叔母がシルバニアファミリーをプレゼントしてくれました。家付きの大きなセットです。食器から洗剤まで小さな部品がたくさんあり、ちょっと2歳の娘には早過ぎると思いこっそり隠しておきました。

オモチャが壊されたり失くなったりするのはもちろん、誤飲も心配ですからね。でも小物が少ないから面白くないのか3日もしないで飽きてしまった感じです。あれこれパーツを欲しがったらどうしようかと思っていたのでちょっと一安心だったりします。

誕生日やクリスマスに一品ずつ増やしていったら楽しそうなんですけどね。我が家のオモチャは一体感がないんです。シルバニアならシルバニア、ぽぽちゃんならぽぽちゃんでシリーズおもちゃを買い揃えていけばいいのに、あれこれ欲しがるからバラバラとスターターセットだけがある感じで遊びの幅が広がらないんですよね。

確かシルバニアファミリーってお値段がお高いんです。私も子供の頃友人の家にあって羨ましくて仕方なかったのですが遂に買ってもらえませんでした。当時アニメでシルバニアファミリーをしていていつも見ていたんです。記憶にあるくらいなのでもう小学生だったんでしょうね。

リカちゃん人形を握りしめてひたすら妄想にふけりながら遊んでいたのをよく覚えています。年齢的な事なのかもしれませんが、うちの子はまだ2人とも人形を動かしながらストーリーを作ったりしません。ポポちゃん人形のお世話をしてお母さんごっこ遊びはするんですけど、成長とともに遊びも変わっていくものでしょうか。

シルバニアは場所もとるし散らかるので数年間片付けておきたいくらいです。リビングに溢れるオモチャを見るにつけ子供の頃の私を連れてきたらどんなに喜ぶだろうと思います。

今どきの子と言うか娘達に贅沢させているなとは思うし何でも買い与えるのは良くない事は分かっているのですが、頂いたりクリスマスにお願いされたりするとサンタが拒むわけにもいかず増えてしまうんです。すっかり親バカになってしまっているせいでもあるんですけどね。

今更だけどあしながおじさんのストーリーのこと

私のあしながおじさんのお話しは、かつて私が小学生ぐらいだったころ、テレビで放映されていたアニメでした。とはいえそこまで真剣に毎週見ていたということではなく、当時は何となくやっているからかけて見ていたという感じです。

なので、主人公の女の子ジュディがいて、お金持ちの友達ジュリアがいて、オープニングの曲はこうで・・・というぐらいしか覚えておらず、肝心のストーリーの方も目的をよく分かっていないまま今の歳になりました(笑)。

最近になってこのあしながおじさんの物語がふと気になり、とりあえずネット検索してストーリーを掴むことに。検索の冒頭にまず出てきたのは、おなじみのウィキペディア。

米国の女性作家ジーン・ウェブスターの作品であるということ、あの主人公ジュディは孤児院出身だったこと、資本家である支援者のあしながおじさんへ綴ったお手紙自体がストーリーになっていること・・・なるほど、そーうだったのね〜!と感心は絶えませんでした。

孤児だったジュディが自分の感性で綴った手紙のユーモアを見込んだのが、資産家のあしながおじさん。

そしてあしながおじさんの正体ジャービスは、後に出てくるあのお金持ちジュリアのご親族だったのねと思うと、おじさんが資本家なのも納得です。そして、最後のジュディへのプロポーズ、お返事に戸惑ったジュディがここでもやっぱりお手紙、それも初めてジュディが家族というものを得て綴った、あしながおじさんへの愛のラブレターとは素敵です・・・!

典型的なシンデレラストーリーですが、そうして物語のいきさつを踏まえながら見れば、ストーリー自体がこれまでとは全面的に変わって見えてきました。テーマ音楽だって違って聞こえてきます。

とくに、あの主題歌の「すべては〜♪こ〜れ〜か〜ら〜♪」の部分には心が動かされるものがあります。これをミュージカルの舞台なんかで役者さんが舞台映えする大き目の身振り手振り、振り付けをしながらこの部分を歌うのを目の当たりにして見たら、今以上に感動するに違いないと思ったほどです。こういうところこそ、体と感性を使って表現するミュージカルが持つ「伝える力」の凄いところだと思いますね。

世界名作の一つだし、知識として知っておこうかなと思っての検索から、素敵な物語の内容に触れることができました。